トップページ > カウンセラーの本音 > カウンセラーの本音(2011年1月〜3月)

カウンセラーの本音(2011年1月〜3月)Counselor Blog 2011/01-03

婚活の参考にしていただけたら、嬉しいです。

男性が女性に求めるのは【2011.03.08】

ブログ59

男性が女性に求めるのは、心の安らぎです。
一緒にいて、心が解放されるような・・・そんな感覚を求めているのです。

ときには、仕事の愚痴もこぼしたくなるでしょう。
そんなときに、
 「男のくせに愚痴なんて」
 「私の人生がかかってるんだから弱音なんて吐かないで」
などと言われたら、安らぎどころか、あなたの存在が重荷になってしまうでしょう。

男性は、何かとプレッシャーをかけられているものです。
そんな彼のプレッシャーを軽くしてくれ、安らぎを感じさせてくれる女性が選ばれるのです。

「人生がかかってる」「人生をあずける」などといった言葉は、使わない方が賢明でしょう。
将来、結果として「家庭に入る」ことになっても構わないのです。
「二人で働いて、楽しく支え合っていきましょう」という姿勢で、男性に負担をかけないようにしてあげたいですね。

二人でいる時間がほっとできる・・・そんな結婚生活であってほしいものです。

ページトップへ戻る

過去を見て、将来を想像する【2011.03.04】

ブログ58

結婚相手を判断するとき、今現在の姿だけを見るのではなく、何気ない仕草や会話の中から過去を見て、そのお相手との将来を想像してみてください

その人の発言だけでなく仕草にも注目してみるのです。
言葉よりも雄弁にその人を物語る何かが、振る舞いにはきっと現れるからです。
食事のときのふとしたさりげない仕草に、お相手の過去(育ってきた環境)や内面的なものを垣間見ることがあります。

本当に自分に合ったパートナーを見つけるためには、表面的なデータに惑わされることなく、まずお逢いして感じ取ることが大切です。

そのお相手との将来(結婚後の生活)が、無理なく自然に想像できるようであれば、結婚相手として考えていただいてよいのではないでしょうか?(^-^)

ページトップへ戻る

1年以上彼女ナシの男性、1年以上彼氏ナシの女性の傾向と対策【2011.03.01】

ブログ57

1年以上彼女ナシの男性、1年以上彼氏ナシの女性・・・

そんな男性や女性をひとつの商品として考えた場合、1年以上「店ざらし」になっている商品ととらえることができます。

そう・・・
そんな商品を手に取ってくれるお客様がどれだけいらっしゃるでしょう・・・
いかがですか?

商品の中身以前の問題で、お客様にとってその商品が魅力的にうつるかどうかが一番の問題なのです。

中身がたいしたことなくても、パッケージが上手で見た目がいいと、素晴らしい商品のように感じ、お客様は思わず手に取ってしまうものです。

本当にいいものだけが売れるわけではないのです。
いかに上手に売るかということが重要なのです。
それが、ビジネスの世界での現実であり、結婚についても共通して言えることだと思うのです。

素敵な人であっても、それを上手にアピールする術を知らなくては、「店ざらし商品」になってしまいます。
人間も、新鮮で魅力あるパッケージを演出することが大切です。

人が異性に興味を持つ場合、まずは見た目から入ります。
それが、現実です。

美しいか美しくないか? という観点よりも、
好みか好みでないか?
魅力を感じるか感じないか?
という感覚が多くを占めています。

それは、その人の表情であったり、何気ない仕草であったり、清潔感のある服装であったりします。
それらは、内面から滲み出るものでもあります。
日頃から、丁寧に生きることを心掛け、人生を楽しみ自分を大切にしていることで、自然と身につくものです。
そして、ラッピング(服装や髪型など)にも気を遣いましょう。

でも、ただ待っているだけではダメです。

新鮮で魅力あるパッケージを演出した後は、積極的な行動力で今の状態から脱出してくださいね。(^-^)

ページトップへ戻る

なぜ結婚したいのか?【2011.02.23】

ブログ56

結婚したいとただ漠然と思っているあなた!
一度、それがなぜなのか?を深く考えてみて欲しいのです。

・ひとりが寂しいから?
・掃除・洗濯・ご飯の支度など、
 身の回りのお世話をしてもらいたいから?
・親が年老いてきたので、その代わりとなる人が欲しいから?
・親が「結婚しろ」とうるさいから?
・まわりが結婚していき、なぜだか焦りを感じているから?
・世間体・社会的な信用のために結婚が必要と感じているから?
・そろそろ仕事をやめて、専業主婦になりたいから?

どれも、ひとりよがりで自分の都合ばかりを考えているように見えませんか?
これでは、相手は誰でもいいから形だけ結婚したいという気がしてしまいます。

こんな理由ばかりですと・・・
幸せな結婚は難しいかもしれませんね。

もっと、結婚後の生活を具体的にイメージしてください。

物理的な面ばかりではなく、精神的な面での安息や、お相手やお子様、親御様を含んだ具体的なイメージをすることが大切です。

それによって、自分が結婚に対してどのような想いを抱いているのか? 結婚相手に対してどのような希望を抱いているのか? 結婚後の生活や老後をどのようにしていきたいと考えているのか? が見えてくるのではないでしょうか?

自分にとっての幸せの形がイメージできるはずです。

そのイメージを共有でき、心を通い合わせられるお相手を見つけることが幸せへの第一歩だと思うのです。

人間は心の生き物です。
物理的に満たされても、心が満たされなければ、幸せを感じることはできません。

そのため、打算だけで結婚した人が、スピード破局してしまうことも多々あります。

本当の幸せを見極める目を持ってください。

結婚は幸せに生きるためにするものです。
自分の存在をまるごと認めてくれる人が、いちばん身近にいる・・・
それが幸せな結婚のかたちだと思うのです。

ページトップへ戻る

恋愛には不器用なだけ【2011.02.19】

ブログ55

この仕事をしていると・・・

「結婚相談所には、どのような方がいらっしゃいますか?
 普通に恋愛できない、いわゆる変な人ばかりでは?」

というご質問を受けることが、よくあります。

そして、私が答えるのは・・・

「みなさん、普通の方です。
 男性も女性も、仕事や趣味に夢中になり忙しい日々を送っているうちに、
 気が付いたら結婚適齢期を迎えていたという方が一番多いのです。
 また、職場が同性ばかりで異性と知り合う機会がない方など、事情は様々です。
 家柄等を気にされる、議員さん、お医者様や弁護士の方等もいらっしゃいます。
 友人・知人の紹介やコンパ等では決して出逢うことのできないような魅力的な
 方も大勢いらっしゃいます。」

という内容です。

当相談所HPのQ&Aコーナーにも載せている内容であり、真実をお伝えしているつもりです。

でも、ふと思ったのです。

「ただ単に、恋愛には不器用だっただけ。」

ということも言えるのではないかと・・・

誠実で慎重すぎて、異性と器用に軽やかに付き合うことができなかったという人が多いように感じます。
若い頃の恋愛では、それが相手には重く感じられてしまい、離れていってしまうこともあり・・・
恋愛に臆病になり、さらに慎重になってしまう人もあれば、自信を喪失してしまう人もいます。

しかし、年齢を重ね結婚適齢期を迎えた人にとっては、逆にそれが魅力・強みになります。
人生を共に歩んで行くパートナーとしては、誠実で慎重で重く感じるくらいの人が安心です。
あまりにも器用に軽やかに振舞われては、結婚後が心配でしょう。

自信を持ってください。
それが、あなたの魅力です!(^_-)

職人の世界でも、器用な人間よりも不器用な人間の方が将来的に大成すると言われています。
器用な人間は、努力しなくてもそこそこいけてしまうため、あまり努力をしないでそこそこで成長も止まってしまいます。
不器用な人間は、自分は努力しないと人並みになれないと思って、人一倍の努力を重ね続け、将来的には誰にも負けない技術を身につけると言われています。
兎と亀のようなものですよね。

結婚相談所にいらっしゃる会員さんは、どちらかというと亀タイプの方が多いかもしれませんね。
軽やかさには欠けるかもしれませんが、誠実な方が多いのではないでしょうか?
不器用であることで得た痛みや切なさは、人間に奥行を作り、他者の痛みを受け入れる心の広さを感じられると思います。
長い年月を共に生きる「結婚」を考えた時、何よりも必要な資質だとは思いませんか?(^-^)

ページトップへ戻る

婚活するなら!【2011.02.16】

ブログ54

婚活するにあたり、重要な2つのポイントについてお話させていただきたいと思います。

<ポイント1> 結婚したいという意志を明確に持つ

結婚したいという意志を明確に持っていらっしゃる方は、やはり結婚が早いですね。

ただなんとなく・・・ただ漠然と、「結婚できればなぁ〜」などと思っていては、なかなか良い縁には巡り会うことができません。きっと、身近に素敵な人が現れても気付かないでしょう。

まわりが(とくに両親が)うるさいから、そろそろ結婚しようかと思っています。と言って、結婚相談所にいらっしゃる方もいます。
キッカケとしては、それもアリだと思います。
しかし、問題なのは、ご本人が本当に結婚したいと感じているか? という点です。

ご本人がその気になっていないうちは、結婚相談所に入会されてもムダに終わってしまうでしょう。

<ポイント2> 他者への思いやりをもつ

結婚とは、人格の異なる異性が一つ屋根の下で暮らしていくことで、お互いに思いやりを持っていなければ成立しない営みとなります。

自分に意志があるように、お相手にも意志があります。
自分の思いだけを通そうとせず、お相手の思いに配慮しながら折り合いをつけて生きていく必要があります。
互いを分かり合う作業が必要で、自分を分かってもらうことも必要ですが、そればかりではなく、お相手を分かろうとする努力も同様に必要となります。
その根底にあるのが、お互いを思いやる心だと思うのです。

思いやる心とは・・・
お互いの人格を認め、尊重し、慈しむ心と言い換えることもできるでしょう。

自分を分かってもらう事ばかりを要求するのは、子供(それも駄々っ子)と同じです。
大人として成熟されていないのです。

結婚は、お互いを活かしながらともに生きていく歩みであり、どちらかが上であっても下であってもいけないのです。

「思いやりの心」を是非身につけてください。

これら2つのポイントがクリアされれば、婚活は楽しく有意義なものになるはずです。(^-^)

ページトップへ戻る

結婚が難しい世の中・・・でも大丈夫!【2011.02.10】

ブログ53

この世の中、何がどうしてしまったのか・・・
ご存じのとおり、結婚するのが大変難しくなってきています。

以前でしたら、親戚のおじさん・おばさん、ご近所さん、職場の上司など、実に様々な人達が世話をやいてくれたものですが、核家族化、個人主義による人間関係の希薄化、職場においては・・・一歩間違うとセクハラなどと騒がれてしまうこともあり、なかなか世話をやいてくれる人がいなくなっています。

そして、職場で素敵な人を見つけても、「声を掛けにくい」「誘いにくい」という人が増えています。
これも、セクハラなどと騒がれてしまうこともあり、躊躇してしまうようです。

こうして、結婚に繋がるような出逢いの場は確実に減ってきているのです。

合コンでは、その代わりになろうはずはありません。
「遊びたいだけ」「その時楽しければいい」「ノリで参加しただけ」という意識で参加する人がほとんどです。真剣な交際に発展するのは、ごく稀だと言われています。

そんな中、「いつかは結婚できるだろう。」とただ漠然と思いながら、独身生活を満喫してきたみなさまにとって、結婚相談所は最後の砦という感じなのではないでしょうか?

最初は、無料の出会い系サイトから始め、有名な大手の結婚情報サービスなどを試し、最終的に結婚相談所にいらっしゃる方が多くいらっしゃいます。

出会い系サイトでの活動では、お逢いした人との結婚に対する意識の違い(温度差)を感じたり、あきらかに援助交際を目的としている人がいたり・・・真剣に結婚を考えて活動するような場ではなかったというお話をお聞きしております。

結婚情報サービスでの活動では、最初に30万円程の料金を一括支払いし、活動を始めたところ・・・
ひと月に2〜3名分のデータ(しかも写真ナシ)を送ってくるだけで何のフォローもなく、半年で退会されたという方もいらっしゃいます。
一部返金に応じていただけたそうですが、出逢いがないまま結局半年で25万円掛かったそうです。

このようにして、時間やお金を浪費してしまうのはとても勿体ないことだと思います。

ご自分に合った相談所を見つけることが、幸せな結婚への近道となります。

ページトップへ戻る

幸せな結婚をつかむ3カ条【2011.02.01】

ブログ52

幸せな結婚をつかむには・・・

1.恋愛と結婚は別物と考える

・恋愛はイイ男・イイ女を求める
・結婚は確かな男性・確かな女性を求める

2.4つの相性が合う相手を選ぶ

・顔 (接近しても苦にならない容姿。生理的にOK。)
・雰囲気 (一緒にいて違和感がなく、楽でいられる。)
・心 (お互いに大事なものが同じ。価値観の一致。)
・体 (心と体に惚れあう。体の相性は大事。)

3.自分が幸せになるためにするのが結婚

・幸せな結婚=女性が笑顔でいられる結婚
・女性の笑顔=両親への親孝行
・妻の笑顔=夫の安らぎ
・母の笑顔=子供の道しるべ

子供は母親が笑顔でないと不安になる。
女性の笑顔は周りの人を幸せにする。

独身女性のみなさん、あなたの笑顔を守ってくれる男性を選びましょう。(^_-)
身男性のみなさん、あなたが笑顔にしてあげたいと思う女性を選びましょう。(^_-)

ページトップへ戻る

未来を悲観しないことが、恋愛を成就させる近道【2011.01.19】

ブログ51

自分の現状を省みて、暗くなったりしないでください。

自分について考えるときに、ネガティブに考えてしまう方が多くいらっしゃいます。

「こんなはずじゃなかったのに・・・」
「自分はもうダメだ・・・」

など、自分の現状だけでなく将来についても、ネガティブな想像をしてしまうことがあるでしょう。

しかし、イメージしたことは現実になりやすいので、今すぐやめて欲しいのです。

よくいらっしゃるのが・・・
異性と一緒にいるときに、自らの暗く辛いエピソードについて語り、不幸であることをアピールする方。
心当たりのある方は、今後はおやめになった方がよいでしょう。

ネガティブなオーラが、人を遠ざけてしまいます。

過去の苦労話も笑い話にできるのならよいですが、切々と語られても相手はただただ困るばかりです。

あなたとの明るい未来が想像できるような話題を心掛けてくださいね。

ページトップへ戻る

ご成婚♪【2011.01.19】

ブログ50

そろそろご成婚の会員さんがっ♪(^-^)

男性は関西圏の方。
お見合いは10月末のひどい天候の日でしたが、関西からわざわざ新幹線で足を運んでくださったのが、印象的でした。
お二人は、お見合い当日から意気投合して話が盛り上がり、3時間以上も話し込んでいたとか。
その時から、ご成婚の予感はありました♪

女性は、関東在住です。
関西からわざわざ申し込んでくださるだけでも、なかなか無いことです。

このお二人の場合、普通に生活していたらけっして出逢うことはなかったでしょう。
当システムを利用したからこそのご縁なのです。
それが、また嬉しくてたまりません。
なので、私としても特に思い入れのある会員さんでした。

お二人のお気持ちはほぼ固まっている状態ですので、後はご両親へのご挨拶や今後のお仕事やお住まいの事などを話し合われることになるでしょう。

お祝の品を何にしようかと、今からワクワクしながら検討中です♪(^-^)

ページトップへ戻る

他の記事もご覧になりますか?
もっと古い記事も見る
もっと新しい記事も見る
すべての記事一覧から見る

Copyright(c)2008-2016 Smile System, Inc. All rights researved.