トップページ > カウンセラーの本音 > カウンセラーの本音(2010年11月)

カウンセラーの本音(2010年11月)Counselor Blog 2010/11

婚活の参考にしていただけたら、嬉しいです。

駆け引きしない【2010.11.22】

ブログ43

「恋愛は駆け引き」なんて言葉も耳にしますが・・・
「駆け引き」なんて必要ありませんよ。ホント。

だいいち、面倒ですよね。
疲れるから、やめましょ。(^_-)

自分の思いに正直で素直な恋愛をしてほしいと思います。

大人の恋愛では、面倒くさいことしたり、もう格好つけるのはヤメにしましょう。

深く愛される女性ってどんな女性だと思います?

1.男性を成長させることができる女性
2.駆け引きしない女性
3.もてなすのが上手な女性

なのだそうです。

もちろん、これは女性だけでなく男性にも共通して言えることだと思います。

・一緒にいて、お互いに成長し合える関係
・駆け引きせず、素直な気持ちで、お互い気持ちよく付き合える関係
・お互いに相手のことを思い、さりげなくもてなし合える関係

「駆け引き」などしていては、時間を無駄に浪費してしまいます。
気持ちよく、イイ人生を送るためには、素直が一番

素直さがあれば、1や3も合格点に近付けますよ。きっと。(^-^)

ページトップへ戻る

いい夫婦の日【2010.11.22】

ブログ42

今日は、11月22日。

巷では、「いい夫婦の日」と呼ばれていますね。

コミニュケーションが苦手だといわれる日本人の「夫婦」が、お互いに感謝の気持ちをかたちにするきっかけを作ることを「いい夫婦の日」は目指しているのだそうです。

「いい夫婦」になるためには、以下7つのポイントを意識しておくとよいそうですよ。

1.「今」だけでなく「将来(年をとってからのこと)」も考える。
2.八分目で満足する。(100%求めてはダメ)
3.我慢することも必要。
4.つかず、離れず、ちょうどよい間合いを保つこと。
5.結婚してから構築される関係もある。
6.親との関係を見ることは意外と重要。
7.愛情だけでは長続きしない。

そして、「いい夫婦」とはこんな夫婦なのだそうです。

1.お互いに拠り所となる存在
2.お互い尊敬し合える
3.お互い干渉しすぎない
4.家事・育児など協力し合える

そんな夫婦が、「結婚してよかった」と思えるときは、こんなとき(↓)。

1.一緒にいてホッとするとき
2.辛いときなどに支えてくれるとき
3.夫婦で外出するとき
4.相手の笑顔をいつでも見ることができる

婚活中のみなさん、こんな「いい夫婦」を目指して素敵なお相手を見つけてくださいね。(^-^)

ページトップへ戻る

完璧を求めない【2010.11.20】

ブログ41

どうも、相手に完璧を求めてしまう人がいらっしゃるようです。
完璧を求めるあまり、ちょっとした失敗が許せなかったりして・・・相手を攻め立て追い詰めてしまう。

自分だって完璧じゃないのに。

えっ?! 完璧だと思ってる? むむっ。
それは、大きな思い違い。思いあがりだと思います。よ。

人は皆、不完全だから・・・補い合い支え合って生きていくのです。

もっと、おおらかに。いろいろな事に寛大になってください。
細かいことに神経質になっているより、ずっと楽しい毎日が送れるはずです。

相手の不得手な部分は、自分がフォローしてあげればいいじゃないですか?
その逆も然り。
そして、お互いが不得手な部分は、協力し合って乗り越えていけばいいと思うのです。

むかしむかし・・・

私のことを「完璧な女性」だと思い込んでいた男性がいらっしゃいました。
実のところ、私という人間はおっちょこちょいでそそっかしくてサザエさんみたいなキャラクター(^-^;なのに、なぜか・・・なぜだか、その男性はそう思っていたのです。
うぅ〜ん、不思議です。(^-^;

そんな私とその男性がお付き合いをすることになり、すぐに「結婚してほしい」とプロポーズされました。
でも、その時は付き合ってすぐでしたので、「もう少し付き合ってからにしましょう」とやんわりお断りしたのでした。
それが、22歳か23歳のとき。相手の男性は30歳くらい。

それから、デートを重ね・・・私が完璧でないことがわかるにつれ・・・
その男性は「完璧だと思っていたのに・・・残念だ・・・ガッカリだ」と言い、深いため息をつくようになるのです。

こちらとしては・・・やりきれない。
勝手に思い込んでいて、そんな不快なため息をいちいちつかれていては・・・はっきり言って気分が悪い。

躓いたり、モノを落としたり、忘れ物をしたり、車の助手席でウトウトしてしまったり・・・
それだけで、深いため息とイヤ〜な一言が・・・

そして、別れはこんな(↓)シチュエーションでやってきたのでした。

揺れる電車の中、戸口に二人は立っていました。
揺れがひどくなったとき、私はふらつき相手の男性の足を少し踏んでしまったのです。

その時です。私の頬に平手打ちが・・・
一瞬、何が起きたのかわかりませんでした。

そして、私の頬に平手打ちをした彼は、一言こう言い放ったのです。
「君は、いま、僕の足を踏んだね?!」

目が点です。
普通、こういったシチュエーションでは、ふらついた彼女を優しく抱き支えてくれるものだと思うのですが・・・その彼は違ったのです。

あぁ〜、こりゃ、ダメだ。
もう付き合えない。ムリだぁ〜。 と、思いましたね。(^-^;

そして、その彼とのお付き合いは幕を閉じました。
なんだかんだで、3年は付き合っていたと思います。
途中別れていた時期もあったような気がしますが。

彼は、すべてに完璧を求める人でした。
その彼とお付き合いしている間の私は、本来の自分らしさを失っていたようでした。

細かいことを気にしない天真爛漫なところが、私の最大の長所?!だったはずなのですが・・・ちょっとしたミスを恐れ、周りの視線を気にし、少しビクビクするようになっていたみたいです。
後に、親や友人から「あなたらしさがなくなっていた。」と言われ、ハッとしました。

相手に完璧を求めてはいけません。
完璧な人などいないのですから。
お互い不幸です。

ある程度の努力や向上心は必要ですが・・・
お互いがのびのび自分らしく、補い合い支え合って楽しく生きていける関係が理想ですね。

そうそう・・・
某テレビ番組でやっていたのですが・・・
夫婦のどちらかが、相手に完璧を求める几帳面で神経質な人だったりすると、離婚する可能性が高くなるようですよ。

ズボラか、ちょっと抜けているくらいがちょうどイイんです。きっと。(^_-)

ページトップへ戻る

無理しない恋愛【2010.11.19】

ブログ40

大人になったら、もう無理しないで。

無理に背伸びしなくていい。
相手の顔色をうかがいながら付き合う必要もない。

自分が無理しないと付き合えないような相手であれば、それはあなたの相手ではありません。

まだ未熟だった若い頃・・・
少し背伸びしたり、意地をはったり、強がって素直になれなくて、無理して、息苦しくって・・・
振り回したり、振り回されたり・・・
今思えば、「何をやってたんだか・・・」なんて思ってしまうような恋愛をしていたのではないでしょうか?

みんな同じ。
みんな、若い頃にはそんな・・・疲労困憊するような恋愛をしていたのです。
あなただけではありませんよ。
安心してください。

でも、大人になった今のあなたは・・・
もう、無理しないで自然体の素直な自分で、楽しい恋愛をしてください。
お互いを認め合い尊重し合える、素敵な関係でいられると幸せですね。

ページトップへ戻る

他の記事もご覧になりますか?
もっと古い記事も見る
もっと新しい記事も見る
すべての記事一覧から見る

Copyright(c)2008-2016 Smile System, Inc. All rights researved.